日本の社会保険制度は、一定の要件を満たす事業所を社会保険の適用事業所としています。
また、適用事業所に使用される人は、適用除外要件に該当しない限り本人の意思に関わらず、 誰もが被保険者となります。
私たち派遣元事業者も、法に則して派遣社員を含めた従業員を社会保険の被保険者として適用する必要がありますが、派遣元事業者と派遣社員の雇用契約は、就業時間や契約期間など契約内容が多様なことから、画一的な適用判断が難しいケースもあるかと思います。
このガイドブックでは、登録型の派遣社員を対象とした社会保険の適用に関する基本的な考え方を示すことによって、派遣元事業者の社会保険適用判断の参考にしていただくことを目的にしています。

※ 旧社会保険庁へのヒアリング等を実施し作成しています。

目次へ次へ
ページのトップへ戻る